[PR] マーケティングリサーチ 船大工は頑固な陶芸家の夢を見るか?(前編) | とあるところの給湯室

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船大工は頑固な陶芸家の夢を見るか?(前編)

2010.07.29.Thu.10:13
船大工になったペカッタが取り掛かっていた自船の作り直しが一通り終わり、
次は何をしようか考えていた時

「ヴェネチアンガレアスの強化支援をお願いしたい!」

ヴェネガレ乗りであるクロロさんの言葉がきっかけで
自分の分も一緒に造り始めたのですが・・・。


船の強化については他の船が4回程度強化出来るのに比べ、ヴェネガレは5回強化が可能で、
もしもFSによる新造から始めたとすれば6回もの強化が可能ですが
さすがにそれは公用船体をヴェネツィアで造らなければならず
その為にはヴェネツィアに投資している船大工でないと新造は不可能であり
かといって、ヴェネツィアに亡命してしまうとイスパ交信の副官を持たず
計名声が20万も無いペカッタではイスパニアに戻る事が困難なのでさすがに敷居が高いし
他の人に頼むにしても造船Rが18もあるヴェネツィア国籍の知り合いが居ないし
そもそも材料に重船尾楼が必要となればその入手さえも困難。

とまぁ、羅列すれば状況的に難しい事がともかくイロイロあったので
妥協して造船所親方の手による普通の新造ヴェネガレを元に強化を始める事にしました。

↓ 巡航型ヴェネチアンガレアスへのあくなき挑戦
 
■1回目

ひとまず、クロロさんが作成してくれた計画表(引用:クロロの戦術論)を参考に
オプションスキルを漕船補助のみとし、
数値にこだわりたかったのであえてオプションスキルの船匠室は付けず、
5/6の段階で数値が良ければチーク装材を入れてチーク化しても良かったのですが、
ここは代わりに提督居室を組み込んでみました。

10730001.jpg

縦帆性能229
横帆性能317
旋回15
対波12

スペックとしては相当満足のいく結果となりました。
特に旋回については、メイン帆を3つつけても12になるので
これだけでも相当変態的なガレアスです。

このスペックが実際にどの程度速いかを検証するために、
ちょうどライブイベントでうってつけのレースが行われていたので、
オポルト⇔アゾレス間の往復を何度か行い、その最速時間を計ってみました。

100730002.jpg

オポルトからアゾレスだと、北大西洋でどうしても逆風になるため遅くなりますが
順風になるアゾレスからオポルトの場合、帆の構成を横帆重視にする事で
相当速くなりました。

ちなみに、同じ航路を最大まで強化されたペカッタの商用大型クリッパーで計測した場合、

100730003.jpg

ジャグラの駆るヴェネガレとは約30秒差。

これならばスクーナー級やサムブーク級辺りには
おそらく対等に渡り合える速さだとは思うのですが・・・・。

だがしかし!

も少しこだわりたいよネー。

そもそも「チーク化していない」
さらには「期待値はもう少し上なので、さらに高みを目指したい」
そこで・・・・。

使用する素材の見直しを図るために
とあるサイトにある造船シミュレーターで計算すると・・・

100730004.jpg

この表の青い文字が期待値になるのですが、その中でも
旋回 12~20
対波 5~19

この数字を見れば、今の船だと、期待値の中間程度しか強化出来ていない事に。
帆の性能についてはどれだけ強化しても+110が上限という縛りがあるので、
上を目指すならばこの2つをどれだけ上げる事が出来るかに掛かっている訳です。

それにしても、対波の振り幅がひどい。
恐らく、提督居室を3つも使っている事が原因だとは思いますが、
良い数値を引けば対波・旋回の両方が上がる素材なので、ぜひとも使いたいところ。
だがしかし・・・
もう素直に渡し綱(対波+1~3)と舫綱(旋回+2~4)を使用した方が良いのか、
それとも提督居室の当たり数値(旋回+1~3、対波+0~2)のギャンブルを期待するか・・・。

ええいままよ!(ふるい)

1回目の強化はリセーーーーーット!

後編へつづく!


《参考サイト》
・DOL-TOOLS「DOL+1」
・オランダ東インド会社連絡所「疾風れ!変態ガレアス」
 
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。