[PR] マーケティングリサーチ くらげの入り江のパラドックス | とあるところの給湯室

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらげの入り江のパラドックス

2011.11.04.Fri.00:00
111103001.jpg

伝説の地「ヴィンランド」にある史跡「ランス・オ・メドー」は
1960年にノルウェーの探検家ヘルゲ・イングスタッドと
妻の考古学者アン・スタイン・イングスタッドによって発見され
カナダ初のユネスコ世界文化遺産に登録されました。


ヨーロッパの「偉大なる歴史」的には、
西に新大陸があるのを初めて発見したのはコロンブスですが
彼自身は当初そこを「インド」だと思っていたので、
実際に「新大陸である」という認識で発見を行なったのは
イタリアのアメリゴ・ヴェスブッチであり、
北米大陸が「アメリカ」という名前になったのも
彼の功績が大きい事によるもの、というのが通例でした。

コロンブスの「新大陸」発見からさかのぼること約500年前、
日本でいうと紫式部が「源氏物語」を書いていた頃、
ヴァイキングの末裔であるノルマン人が
グリーンランドやアイスランドを経由して北米大陸にある
ニューファンドランド島に到達した記録が残っていて
彼らはその場所を「ヴィンランド」と名づけて入植地にしようと試みたそうですが
先住民達の大変な抵抗にあったので結果的には失敗してしまい、
建設した入植地は全て放棄されてしまったそうです。

それらの経緯は12世紀ごろにノルマン人によって書かれたとされる
「アイスランド・サガ」という文献群の一部に残されていて、
新大陸に出発する前に大西洋の果てにまつわる資料を探していたコロンブスも
それを読んだそうですが、その頃は半ば伝説だとされてきました。

ところが大航海時代を飛び越えた数世紀後に、イングスタット夫婦が
その場所にあるノルマン人の入植跡「ランス・オ・メドー」を発見して
「アイスランド・サガの伝説の土地「ヴィンランド」は実在した!」と発表したので
それまで常識だったコロンブスやアメリゴ・ヴェスブッチの
「新大陸発見」の歴史が覆る事になります。

なので、本来ずっと忘れられた土地となっていたはずだったですが・・・。

110111 000242

DOLの時代背景は1500年から1600年辺りと推測されるので
イングスタット夫婦より先に発見しちゃったみたいな。


まぁ、1800年代に登場するティークリッパーに乗れる仮想世界なので
こまけぇ事はいいんだよ!
こうなると、大型アップデート「インダストリアル・レボリューション」が実装されるのは
いつになるんだろう・・・と思ってしまいました。


【おまけ】
漫画「ヴィンランド・サガ」特別予告編
http://kodansha.cplaza.ne.jp/e-manga/common/whatnew/vinland/
 
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。